地域によって収入に大きな違いも

タクシーの模型

タクシー運転手になりたいと考える人が多くなっています。一時はなりてがいなく人材不足と言われたこともありましたが、応募者も多くなりかなりの改善を見るようになって来ていますが、まだまだ人材不足は続くと言われています。それは現在の運転手年齢が高い上、その多く人は年齢的なことから退職者が年々多くなると言った傾向があるからです。そのため多くのタクシー会社では常に運転手さんを募集して、人材確保が大きな仕事にもなっていると考えられます。このタクシーには法人タクシーと個人タクシーがあります。年収で考えると個人タクシーに分がありますが、労働時間は長くなってしまう恐れが十分に考えられます。法人で働く時に社員として仕事をすることになり、個人の場合では事業主として仕事をする違いが出て来ます。タクシーの運転手になるためには、普通自動車第二種運転免許が必要になり、免許の持っていない人は改めて試験を受ける必要があります。仕事の内容は決まっており、お客様を目的地まで届ける役目と言うことになりますが、安全性を考慮した運転や快適な環境でお届けすることが大事なことです。乗車したお客様に不安や不満な気持ちにさせないことも大事なことで、気配りの必要な仕事にもなっています。タクシーの運転手に求められる最大の物は、地理であり道路に詳しいことになります。周り道をせず、少しでも早くお客様を目的地に届けることが出来る運転手が、本来の姿と言って良いでしょう。

勤務形態にはいろいろある

タクシー乗り場

世間が考えるタクシー運転手のイメージでは「労働時間が長い」「深夜勤務が多い」「年収が少ない」「道に詳しくないとダメ」と言ったことが多いと考えられます。タクシー運転手の勤務時間は会社によって違いがありますが、多くの場合、隔日勤務となっていることがあります。この他にも日勤だけ、夜勤だけと言う勤務形態もあり、会社との雇用契約によって違いが出ることもあると知っておきましょう。上手に勤務形態を選ぶことで年収のアップも見込まれることになるはずです。

働き方で変わる収入

タクシーの模型

タクシー運転手で隔日勤務の場合には、一回の乗務で休憩を3時間ほど含むことで20時間前後と言うことが一般的となり、慣れるまでは苦労する人も多くいると言われます。しかしこの勤務をすると翌日には必ず休むことが出来ることになり、月の乗務日数は11~12日にとどまることになります。そのため休日が多くなることから、体が慣れてしまうと意外と楽な勤務にもなると言われています。勤務形態もいろいろあるタクシー運転手ですが、年収を上げるためには本人の工夫も必要になって来ます。固定給の場合はいくら働いても年収は変わりませんが、歩合制にすることで年収がグンと上がることも考えられます。

広告募集中